読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべき保守的人生たち

日記・コラム 哲学・人生

昨日、大学時代の仲の良かったクラスメート2人と、なんと30年ぶりに会って、飲んだ。

皆、さすがに老けたとは言えるけれど、思ったほど変わっていない。ちょっと話し出せば、それぞれのキャラや雰囲気は昔のままだ。

だからきっと、私も彼らから見たら、ほとんど変わっていないんだろう。

面白かったのは、それぞれが話したその後の人生だ。

一人は学年で1、2番を争う成績優秀者だったので、某有名電機メーカーに就職した。内定も早かったと思う。

我々が就職活動をしていた年は、オイルショックの余波で、非常に就職が厳しかった。私は、そこそこの医療機器メーカーになんとか引っかかった。

もう一人は、なかなか内定が取れず、ついに志望路線を大幅に変更して、なんと県警に行った。

そんなそれぞれの就職をした3人だったのだが、昨日話を聞いて驚いたのは、皆、その後勤務先が変わっていないのだ。

正確には、某有名電機メーカーに行ったやつは、数年前にリストラの憂き目に遭い、全く関連性のない企業を紹介されて転籍していたのだが、それはまあ、会社都合だ。

つまり、3人とも、学生時代に選んだ、もしくは、選ばざるを得なかった道を、そのまま30年間続けてきたのだ。

そう思うと、まあ、そういう人間たちかも知れないなと思う。だから気が合ってきたのかも知れない。

みんな、穏やかな、やさしいやつなのだ。保守的だけれどね。

自分からアグレッシブに人生を切り開いていく、そういうタイプじゃなくて、運命を受け入れていく。

振り返ってみて、完璧に幸せだったとは言わないけれど、そこそこ不幸じゃなかったという人生。

それもきっと、決して悪くない。

また、彼らとは、10年後、20年後にも会って酒飲める、そういう気がするのだ。