読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私を押し流し、そして応援してくれているもの

朝、駅のホームで待っているとき、ふと、こんな情景が頭の中に浮かんできた。

自分で水に浮かべて漕ぎだした筏だったのだが、徐々に流れが速くなって、どんどん急流になり、目の前に巨大な滝が迫ってきた!

今年初めに私が漕ぎだした筏は小さく、流れも小さな川だった。

それが、徐々に自分以外の色々な人や状況が、私の進む方向を推し進める形で集まってきて、今やそのすごい急流に押し流されているような感じがするのだ。これが運命の流れというものなのだろうか。

私は、目の前に迫ってきた滝に飲まれて撃沈するのか、無事、乗り越えることができるのか?

この滝は、言うまでもなく、5日後に迫ってきたCDA2次試験のことだ。

目をつぶってイメージしてみた。

すると、そこに浮かんできたのは、何故かフワリと浮き上がった筏が、滝の先の大きな川に、悠々と飛んで無事着水する様子だった。

私の筏をフワリと押し上げてくれたのは、きっと私を助けてくれる、たくさんの人たちや、そして大きな目に見えない存在の象徴に違いない。

・・・・

そんなことを考えながら、会社の最寄り駅から、いつものように神社に寄った後、イヤホンを耳に入れてiPhoneでシャッフル再生をスタートさせた。

1曲めに流れてきた曲は、岡村孝子の「夢をあきらめないで」。

お、タイムリーだなと思って、2曲め。

いきものがかりの「心の花を咲かせよう」。

なんと、この2曲は、私がもし今「応援ソング」として2曲選べと言われたら、きっと選んだであろう2曲だったのだ!

1000曲以上ある中から、ランダムに選ばれたはずなのに、この応援ソング2曲が、よりによって今朝、いきなり連続で再生されるなんて、あまりにも出来過ぎである。

「偶然には神が宿る」

私を守り、導いてくれている存在は、「お前を応援しているのだよ」ということを、音楽で示してくれたのに違いない。



岡村孝子の「夢をあきらめないで」 - YouTube


心の花を咲かせよう - YouTube