読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホが真にパーソナルなコンピュータになる日

パソコン・インターネット

新春なので将来の話をしよう。

かつて私は、

という記事の中で、

私は、モニターとキーボードとマウスという、パソコンの基本形は、今の時代になっても、そしてこれからも一番使いやすいユーザインタフェースだと思うのだ。

と書いた。今もその気持ちは変わらない。こんなブログの投稿も、iPhoneiPadで、できないことはないけれど、やっぱり大画面とキーボードというのは、その見渡しの良さ、入力の快適さにおいて、これにかなうものはない。

ところで、世はスマホ全盛である。

インターネットへの接続端末の数も、パソコンよりスマホが上回ったと聞いた。

あれだけ、誰もが電車の中でSNSをしたりニュースを見たりが普通になれば、それもそうだろうとうなづける。

でも、やっぱり、本格的に作業するには、デスクに座ってパソコン、これにはかなわないだろう。

手軽さではスマホかも知れないが、実用面ではパソコン、その使い分けはやっぱり必要だろう。

と思っていたら、なんと、その両方を解決するアイデア製品が出た。

f:id:gcg00172:20150103112241j:plain

Andromiumは、何の変哲もない十数センチ四方の白いプラスチックの台。一見すると充電用ドックのようだ。
これにAndroid機を挿し入れ、ワイヤケーブルでモニターと繋ぎ、ワイヤレスのキーボードを用意すれば準備完了。もちろんマウスを繋げることもできる。
PCが消える日は近い?スマホをPCに変身させるガジェット - IRORIO(イロリオ)

確かに、最近のスマホのコンピュータとしての性能はかなりのものだから、要はインターフェイスさえ揃えてやれば、パソコンと同じ作業ができるはずだ。

本体には、作業エリアとして必要なだけのメモリと、高速なCPUと、高速なグラフィックチップを搭載すれば良い。ストレージは、これからの時代はクラウドになるので、本体に内蔵する必要はない。

こうなると、スマホはもはや、単なる携帯端末ではなくて、真にポータブルでパーソナルなコンピュータ本体という性格になるだろう。

これを1台、誰もが持っていれば、電車の中では携帯端末として、オフィスや自宅ではパソコンとして、さらにモニタやキーボードさえあれば、それが自宅や自分のオフィスである必要もない。

そう想像すると、将来は間違いなく、こうなっていくだろうなと感じる。

今までのように机上に場所をとって鎮座していたデスクトップパソコンは、やっぱり近い将来、無くなっていくだろう。と思った。