読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6用のケースと保護フィルムはこれを選んだ。

さすがの出来のiPhone6。

機種変更以来、その思いを日々新たにしながら、毎日気持よく使わせていただいているわけだが、良い道具には、それに相応しいアクセサリーをということで、私が選んで気に入っているケースと保護フィルムをご紹介。

シンプルで美しいレザー調のケース

外観はいたってシンプル。レザー調の質感と手触りで、滑りもなく持った時のグリップ感が良い。
色は黒とブラウンがあったので、私はブラウンを選んだ。こっちの方がレザーっぽい感じなので。

ケースとしては側面を全て覆うタイプではなく、ボリュームボタン付近や底部はほぼ露出したままのタイプである。このタイプのケースは取り付け後に一部がピッタリせず浮き上がり気味になったりしてよろしくないことが多いのだけれど、これはそのあたりの精密性が非常に良くて、浮き上がりやガタつきが一切なく、非常にフィット感がある。

肉厚が非常に薄いので、大きめのiPhone6がケースをつけることでさらに大きくなって持ちにくくなるということもない。

ただ、難点はややお値段が高いこと。でもその価値はあると思った。

流行りの強化ガラスタイプ保護フィルム

【iPhone6】4.7インチ LEPLUS ガラスフィルム 通常

【iPhone6】4.7インチ LEPLUS ガラスフィルム 通常

良いと思ったのは、貼り付けキットというものがついていて、これはどういうものかというと、プラスチックの枠であり、それをiPhoneに装着すると、ガラスフィルムがその内側にピタリとはまり、完璧に位置決めができるというスグレモノだ。

f:id:gcg00172:20141109094420j:plain

これのおかげでいとも簡単に、正確に綺麗に貼ることが出来た。

保護フィルム貼りは、iPhoneを使う人共通の鬼門であって、誰もが一度ならず失敗していることと思う。このストレスの無さはなかなかの付加価値である。

貼った後の仕上がりは満足できるものだった。ただ、この製品はガラスフィルムの中では肉厚0.33mmの通常タイプというものなので、やや厚みがきになるかも知れない。それが嫌な人は、ややお値段は高くなるけれど、0.2mmというタイプもあるので、そちらがよろしいかと思う。