読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハッピーフライト」お気楽だけど心意気にあふれた飛行機大好き映画。

f:id:gcg00172:20140513225813j:plain

思いがけず、良い映画だった。

登場人物たちは、落ち着きのない副操縦士、慌て者の新米CA、典型的クレーマー乗客と、ステレオタイプであり、ストーリーも全然凝ってはいない。

羽田発ホノルル行きの便がバード・ストライクでピトー管を損傷、速度表示を失ってしまう。羽田に引き返し、緊急着陸をすることになったのだが、おりからの台風が関東地方に接近・・・。

という話である。

そのストーリーだけを見たら、ありがちな飛行機パニックものかと思いきや、上記の登場人物たちなので決して深刻ではない。

かといって、「フライング・ハイ」のようなお笑い映画でもなく、まあ良い意味でも悪い意味でも、テレビドラマのような感じの、旅客機に関わって働く人々の群像劇だ。

それが、何故冒頭に書いたように、思いがけず良い映画だったかというと、ANAの全面的な協力でリアリティの再現が半端ではなく、嘘くさいところがないのだ。

かなりの時間を占める飛行機内部のシーンは全て実物の747-400によるものだし、空港内のインフォメーションカウンターやディスパッチルーム等、全てが運行終了後の深夜に羽田空港で撮影されている。

コックピットと管制塔とのやり取りなども、実際と同じ英語で正確にやられているので、一般の人が見るにはその部分だけでも字幕出すと親切だったかも、と思えたくらいである。

飛行機パニックものの映画は昔から多くあるけれど、実在の航空会社の名前を出して、飛行機のトラブルを描くというのは、企業イメージの点からなかなか出来ないことだと思える。それを矢口監督とANAはやってのけた。その心意気を感じるのである。

今年引退したばかりの747-400が格納庫から出てくる冒頭のシーンなどは、私にとっては感涙ものであった。

マニアはもちろん喜び、マニアでない人も、飛行機や空港で働く人たちがどんなことしているのか、それを知って楽しむことができる映画だと思いました。

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]