読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「死ぬのを恐れて 生きることができない」

おもひでぽろぽろ」は、高畑勲監督作品の中では私が珍しく好きな作品である。

この映画は、「痛い」のだ。いろいろと。

この映画の随所に散りばめられた、「痛さ」が、自分が実際に今までの人生の中で経験してきた「痛さ」と通じるものがあるのだ。

その「痛さ」は、自分と向き合った時に感じるどうしようもない、情けなさや不甲斐なさや恥ずかしさ。そんなようなものだ。

その映画のラストシーンで、なんと都はるみの歌唱で、この歌が流れる。


2番の歌詞。私はこれにやられた。

挫けるのを 恐れて
躍らない きみのこころ
醒めるのを 恐れて
チャンス逃す きみの夢


奪われるのが 嫌さに
与えない こころ
死ぬのを 恐れて
生きることができない


愛は花、君はその種子 歌詞

もう、グサグサっと心臓を突かれる思いである。

何故なら、私の今までの人生、まさしく、このままだったじゃないか。


でもね。

最近、やっと死ぬのを恐れない覚悟が出来てきた気がするのである。

いや、実際に死ぬのは、まだ嫌だよ。

だから、死ぬことはしないのだけれど、それを恐れて、生きることができないということは無くなってきたかなと。

生きるよ。

本当の意味で。これからは、それがちょっと出来るかなと思えている。

おもひでぽろぽろ [DVD]

おもひでぽろぽろ [DVD]