読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadはパソコンに入りますか?

f:id:gcg00172:20131212223724j:plain

たまにだが出張で飛行機に乗る。

出張となると、鞄の中には会社のノートPCと、自分のiPadが入っているのだが、保安検査場では、パソコンは鞄から出してチェックを受けなければならない。
iPadを買って以後は、iPadも同じ扱いだろうと思って、特に深く考えないでノートPCと一緒に鞄から出すようにしていた。

だが、今日ふと、iPadはパソコンではないのではないか? 然らば鞄から出す必要はないのではないか。という思いが湧いてきた。

ということで、実験してみることにした。

ノートPCは鞄から出すが、iPadは鞄に入れたまま保安検査場を通ってみることにした。

結果は、何も指摘されなかった。

羽田空港の検査官は忙しいので見落としたのかも知れないと思い、帰りの新千歳空港でも同じようにやってみたが、やっぱり、何も指摘されなかった。

やはり、iPadはパソコンには入らないようである。

これについて、実際はどうなのかということで、調べてみた。

アメリカは日本とは違い携帯情報端末が広く普及しています。そのアメリカでは空港のセキュリティチェックにおける対応が求められている中で、2010年に米運輸保安局は「iPad」(米アップル)などの小型ガジェットは、米国の空港の保安検査場でかばんの中から取り出す必要はない」と発表しました。
空港の保安検査場でiPadはトレーに出そう – 一人旅・出張で泊まりたいホテルレビュー

どうやら、そういうことのようだ。多分日本でもこの判断を受けているのであろう。

では何故、そもそも保安検査場でパソコンは鞄から出さなくてはいけないのか? これも調べてみた。

「なぜ空港の保安検査でPCをカバンから出す必要があるのか」ですが、「PCはワイヤーやタイマーなどの爆弾として使われそうな部品や、ナイフ等の隠し場所になり得る。PCをカバンの中に入れたままスキャンすると、スキャン方向に対してPCが縦になったり他のものと重なったりした場合に、危険物が入っているかどうかの判断がつきにくくなるからだ」と聞いたことがあります。
空港の保安検査でiPadはカバンから出さなきゃダメ?:若手コンサルタントの眼:ITmedia オルタナティブ・ブログ

なるほど。
iPadなら良いというのは、つまり薄すぎてナイフなんかを隠すことは出来なさそうだからってことのようである。