読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5分間だけやる。5分間しかやらない。

f:id:gcg00172:20130915123118j:plain

カギは「5分だけ」にあり!やりたいことがいろいろあってなかなかできない方に「八ヶ岳戦法」をおすすめします  | ふっしーのトキドキ投資旬報 | 現代ビジネス [講談社]

やろうと思っていてもなかなか着手できなかったり、継続することができなかったり、その対策として、著者は「5分間だけやる。」ということを勧める。

5分間だけやる。そして、出来ない日があっても良いとする。それならできそうな気がするじゃないか。

どうせ自分は継続できないと思えば楽ですよ。できない自分を認めれば、できない自分が嫌になりません。またちょっとだけヤレばいいんです。再起動力が大事。でもそのときの精神もがんばらない。ちょっとだけやる。ジクジク続ける。どうせ自分は怠け者でできないんだからと、自分に対する期待値を低くして、再度また始めましょう。

最初から気負って多くを求めるから動き出せない。出来ない自分、続けられない自分がダメに思えるから、挑戦すること自体がイヤになる。

だから、ほんの少しだけやれば良いとする。本を読むなら、まずは1日1回手にとって、「5分だけ読もう」。そしてほんとに5分で止める。

実は私は、この方法をやっている。そのおかげで、今まで日課にできなかったいくつかのことが続くようになったし、私生活だけじゃなくて仕事でも、なかなか取り掛かることが出来なかった課題を少しずつ進めることが出来るようになった。

具体的には、ピアノを弾く、読書する、掃除をする、などだ。本当にだいたい5分位しかやらない。気の向かない時には、やらない日もある。それでもいい。

無理していないから、苦しくない。だからまた、明日からやり直そうと素直に思える。

ほんの少しずつだが、確実に前に進む。何よりも、出来ない自分に悶々とするストレスから開放される。

そして筆者は、この毎日少しずつやる日課をサポートする方法として、iPhoneアプリの利用を勧めている。

私も使っている。本当にこれのおかげで出来るようになった。

以前のエントリでも紹介した、Good Habit だ。オススメである。

リンク:習慣付けを助けてくれるアプリ - weekend_todo v2.0

Good Habits

Good Habits

  • Good To Hear
  • 無料