読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多摩川で土の道を歩く

仕事が昼までで終わったので、会社の近くの多摩川沿いを歩いて帰った。

f:id:gcg00172:20131123212901j:plain

土の道である。

そう思ってみると、土の道をのんびりと長く歩ける場所って、都会の中ではなかなかない。

この多摩川河川敷は、お気に入りの場所だ。

晴れた土曜日の午後にここをのんびりと歩いていると、何ともいえない幸せというか、安らぎを感じるのだ。

ここでなら、今、地震が来ても怖くない。何も、おそれるものがない。

空と土の間、そして静かに吹きすぎる風と、暖かな日差し。

そこで時間を気にせず、のんびりと歩いて、後は帰ればいいという休日の午後。

健康であること、こんなささやかな幸せを心から感じることができる、我が心。

そして、この地球の慈しみに、感謝。