読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏が過ぎようとしている夜は、懺悔のひととき。

夕立のあと、グッと涼しくなった。

もう、真夏のジリジリとした暑さは来ないように思う。

やっと涼しくなるのは、助かる反面、そこはかとない寂しさも感じる。

夏の暑さって、やっぱり、生命の源というか、エネルギーの固まりというか、そういう感じがあるではないか。

だから、それが去るということは、一つの終わりであり、寂しいという感傷が伴う。

0811010096

真夏に、海に行って、仰向けになり、ジリジリと照る太陽にこの素肌を晒す。

じっとりとにじむ汗と同時に、何億キロ離れたところからやってくる核融合の超巨大エネルギーをこの身に浴びる。

そして、その火照りを癒やすために、冷たい海の水に浸かる。

波が身体を巻き込んで、泡立つ。


そんな夏はもう、何十年も過ごしていない気がする。

ただ、暑く、つらいだけの夏。

それは本当の夏の過ごし方ではないのだ。

涼しくなると、そんな罪の意識からか、懺悔のような気持ちになる。

ああ。今年も、何もせず、夏を終わらせてしまいました。


夏はやっぱり、何かをしなければいけない季節だったのだよ。