読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな夢を見た。駅と電車と変な店。

f:id:gcg00172:20150402074945j:plain

久しぶりにはっきりした夢を見て目覚めたので記録。


どこかの田舎の駅で、帰ろうとして電車に乗ろうとしている。誰か連れが一人いるのだが、この人は漠然として誰だか分からない。ただ、二人で旅をしているようだ。

そして、どの電車に乗ればいいのか分からない。

駅には行き先を示した案内板も無く、路線図を見ても、今いる駅がどこだか分からず、また複雑で汚くて、全然分からない。

そうこうしているうちに、乗ろうとしていた電車が逆方向だったことが分かる。


場面は変わって、しょぼ降る雨の中、食事をしようと二人で店に入る。

この店がまた変わっていて、どこか郊外の観光地にあるレストランのような外観なのだが、中に入ると人1人が通れるほどの路地がくねくねと続いていて、その両側にバイキング形式の料理が点々と並んでいる。

それも料理というより、おかずが一品ずつ次々に並んでいる感じ。

そうか、そういうシステムかと思って、料理を取り始めるのだが、箸がどこにあるのか分からない。探すうちに、傍らの台所にある食器棚の中に割り箸があった。

何だこの店?


・・・・・・・・・・・

さて、今回の夢は、これまた今の自分の心情を良く表した象徴的な夢だということがすぐ分かった。

夢の中では何もかも分からない感じだったのだが、それが何を表していたのかが、良く分かる。

今回のキーワードは、「駅」、「電車」、「飲食店」だ。夢診断を見てみよう。

「駅」

駅はたくさんの人が利用し別れなどがたびたび起こる場所から、深層心理では、新しい出会いや悲しい別れというものが起こることを意味している。

「電車」

基本的に目的地まで運んでもらうものだから、夢の中にでてきたら、周囲にあなたが流されているということ。

「飲食店」

飲食店はいろいろな人が来る場所なのでたくさんの知識を得たい、人間的に成長したいといった上昇志向が高まっていることを表している。


旅の途中での駅で電車に乗って帰ろうとしているということは、私は電車に乗ってそこにやってきたということだ。そして、また電車に乗ろうとして、どうすれば良いか分からず、迷っている。

駅は、別れと出会いの象徴。

飲食店は、出会いと成長したいという気持ちの象徴。


あと少しで定年退職、そしてその先の生き方を模索している自分の、気持ちがそのまま出てきた夢なのが、今回は間違いない。