読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ザ・ウォーカー」 男がひたすら一冊の本を運ぶ話

f:id:gcg00172:20150110201100j:plain

戦争で荒廃した未来、一人の男が、ひたすら西に向かって旅をしている。

その目的は、一冊の本を届けること。

襲い来る盗賊を超人的な戦闘能力でなぎ倒しながら、ある街に着くと、そこにはその本を狙う支配者がいた。

という話。

男が食事前に祈りを捧げたり、独裁者は「この本があれば人を従わせることができる」として欲しがっていること、そしてここがアメリカであることから、誰もが、その本が何なのかが薄々分かる。

これはネタバレにもならないと思うので書くが、想像する通り、この本は聖書だ。

主人公は、人々を幸福にするために聖書を守る。

支配者は、人々を従わせるために聖書を求めている。

ストーリーは非常にシンプルなのだけれど、宗教の2面性を実に良く表現していて秀逸だ。しかもその二人が白人と黒人というところも意味深である。

さて、この映画、実は最後に、あっと驚きのオチが用意されている。

これはまだ見ていない人に絶対に言ってはいけない。その緘口令のレベルは、言わば、あの「シックス・センス」並である。

デンゼル・ワシントンが主人公で、敵役が、ゲイリー・オールドマン

贅沢な配役だが、世界観はシンプル。だからこそ表現しているテーマが力強い。

ちょっとおすすめの映画である。


映画『ザ・ウォーカー』予告編 - YouTube


ザ・ウォーカー [Blu-ray]

ザ・ウォーカー [Blu-ray]