読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の記事が恥ずかしいから、また書く

このブログを時々書いているわけだが、だいたい書いた直後から次の日くらいは、「またつまらぬ記事を書いてしまった。。。」と、ゴエモンのようなプチ嫌悪感に襲われるのである。

だったら書かなければいいとつっこまれるのは目に見えているのだが、実は、また書くのには理由がある。

それは、自分の書いたつまらぬ記事を見たくがないために、新しい記事を書くのである。

んな、アホな。それでまた自己嫌悪になるんだろ?

と思われたら、否定出来ない。その通りである。いわゆる、振り出しに戻る。である。

でもまあ、そんなアホなことも繰り返しているうちに、枯れ木も山で、徐々に記事は蓄積されていく。

すると、時間が経つことによって徐々に熟成されていく、というか、おそらくは書いた直後の自己嫌悪感が薄らいだだけなのだろうが、ちょっと前の記事を見なおしてみようという気にも時々なって、そうすると、たまには、「お、オレ、結構いいこと書いてるじゃん?」と思うこともある。

それがあるから、また書きたくなったりして、冒頭のループを繰り返すのである。

ブログを熱心に更新している人の中には、とにかく書くのが好きで好きで仕方がない、表現欲がほとばしって止まらない、というタイプの人もいるのだろうが、少なくとも私の場合はそうではない。

自分の記事が恥ずかしいから、また書くのである。

こういうのもモチベーションの一種なのだろうか?