読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromebookを使うべきでない人、使うと幸せになれる人

f:id:gcg00172:20141115112224j:plain

Google Japan Blog: Chromebook がどなたでも利用いただけるようになります

とのアナウンスがあった。

GoogleのOSが搭載されたノートパソコン、Chromebookがやっと日本国内で発売が開始される。

AmazonにはChoromebookストアなる専用コーナーもできている。

私は、Amazon並行輸入品を購入して以来、過去3回に分けて「Chromebookがやってきた」というタイトルで記事を書いてきたけれど、やっとそれが名実ともになった感じである。

ただ、家電量販店などで売られるようになると、気になるのが、単なる安いパソコンとして買ってしまう人がいるだろうということだ。

Chromebookは、非常にシンプルで安定していて使いやすいパソコンだ。私は大好きである。ただ、今までWindowsのパソコンしか使ったことがない人にとっては、かなり違う世界なので、老婆心ながらこんなことを書いてみたくなった。

Chromebookを使うべきでない人

WordやExcelのデータを扱いたい人

オンラインで同等機能のアプリは使えるが、マイクロソフトOfficeはインストールできない。

日頃Chrome以外のブラウザを使っている人

WEBブラウザはChrome以外を使えないので、IE等他のブラウザとブックマークなどのデータ同期ができない。メインPCでもChromeを使っていてこそ、Chromebookの一番のメリットである、完璧な同期の便利さを味わえる。

使いたい場所にWifi環境がない人

全てのアプリはオンラインで導入されるし、データ保存はクラウドGoogleドライブ)が前提なので、Wifi環境がない場合はほとんど使い物にならない。

ディスプレイの画質にこだわる人

はっきり言ってディスプレイの画質は価格相応。期待しないように。

たくさんのデータを入れて持ち歩きたい人

ローカルストレージは10GB程度しかないので、たくさんのデータは持ち歩けない。あくまでもクラウド利用が前提のコンセプトなのだ。

Chromebookを使うと幸せになれる人

日頃からChromeブラウザを含めたあらゆるGoogleのサービスを使い倒している人

GmailGoogleカレンダーも全てがそのままに完璧にメインPCと同期する快感。

ノートPCには多くを求めない人

重厚であること、高機能であることよりも、シンプルであること、軽快であることに価値を見出す人と相性が良い。

何よりいろいろな設定をしなくてはいけない面倒から開放されたい人

逆にいえば、いろいろな設定をすることが楽しい人にとっては物足りないマシンといえよう。


もし、今使っている私のChromebookが壊れたら、私は即座にAmazonで一番安いChromebookを買うだろう。そして、それが届いたら、電源を入れてGoogleアカウントのパスワードを入れる。

即座に、今まで使っていたChromebookと全く同じ環境がそこに再現される。インストールや設定作業は、何もない。

つまり、クラウド時代での本当の意味での「端末」なマシン。それがChromebookだ。