読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞い上がる落ち葉たち

f:id:gcg00172:20140205083402j:plain

朝、通勤途中の用水路脇の並木道にて。

前方の木から落ち葉がハラハラと舞い落ちているのが目に入った。

おや? すっかり葉が落ちた枯れ木のはずなのに、あんなにたくさん葉が落ちるとは?

と思って近づいたら、舞い落ちる枯れ葉と見えたのは、実はたくさんの雀だった。

誰かが、木の根元に米粒をまいてあったのだ。

雀たちは木の枝にとまって待っていて、人通りが無くなると一斉に舞い降りて、米粒に群がり、ついばむ。

私が近づくと、一斉にまた舞い上がって、木の枝にとまる。

木の枝に止まった雀たちは、近づいて観察しないとそれと分からない。

雀の色は、まるで冬の枯れ枝と同じで、大きさはちょうど葉っぱと同じくらいだから。

舞い上がる雀たちは、まるで舞い落ちる枯れ葉の逆回しを見ているようであった。