読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しあわせのパン」

f:id:gcg00172:20131209215724j:plain

また、日曜日の午後にピッタリの映画を、日曜日の午後に見た。

北海道の湖の畔に、美味しいパンを焼いているカフェがある。

そこを営む夫婦。

最初は、北海道というよりヨーロッパの片田舎に見えるような、ちょっと現実感のない演出に、もしかしたらこれはただの雰囲気映画なのかな? だったらハズレかな? とも感じたのだけれど、見ているうちに、そのカフェに訪れる人々の人間らしさに、徐々に引きこまれていく。

夏にはこのカフェで出会った若い男女が、秋には少女とその離婚したばかりの父親が、そして冬には地震で店を失って死のうとしてやってきた老夫婦が、このカフェのパンを食べて、それぞれに救われていく物語だ。

食べることの幸せ、ぬくもり。それがこの映画のテーマだ。

f:id:gcg00172:20131208191024j:plain

群像劇ではあるのだけれど、絡み合った人間関係はない。ただ、そこにいる夫婦と、そこをたまたま訪れたり、いつも訪れたりしている人々の物語だ。

話はとてもあっさりとしている。それはこの映画の舞台の風景のようでもある。決して深くはない。でも押し付けがましくなく、人の優しさ、暖かさを描いている。

大泉洋原田知世の夫婦もほんわかした雰囲気でいい感じだったが、最後の老夫婦の中村嘉葎雄が、さすがの芝居で良かった。

そうそう、エンドロールで流れる主題歌は、矢野顕子忌野清志郎のデュエット。これもなかなか泣かせた。


映画「しあわせのパン」 予告篇 - YouTube

しあわせのパン [DVD]

しあわせのパン [DVD]