読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールっぽい飲み物としてバーリアルは実用性十分。

f:id:gcg00172:20130916191658j:plainバーリアル

最近、晩酌の飲み物は、もっぱらこればかりである。

何といっても88円という価格が何ものにも代えがたい。トップバリュすごい。

もちろん、いくら安くても不味かったら飲まないのであるが、この価格を考えたら上等である。

アルコール入りのものとしては、黄色い缶の「バーリアル」と、緑の缶の「糖質50%OFF」の2種類があるのだが、どういうわけか、私は「糖質50%OFF」の方がわずかながら苦味とコクがあってビールに近いように感じる。

缶に書かれた説明を見ると、黄色い「バーリアル」の方は、「すっきり、ライトな味」とあり、緑の「糖質50%OFF」の方は、「味わいとコクの新ジャンル」とある。

やっぱりそういう味付けをしてあるのかも知れない。

糖質オフであり、かつ味が良いということで、私は現状、緑の缶を愛飲させて頂いている。

もちろん、88円の新ジャンル飲料であるから、ちゃんとしたビールと比べてはいけない。でも毎日の晩酌には、家計に優しいのは、とても大事なことなのである。