読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章は生き物だ。

f:id:gcg00172:20130915122359j:plain

昨日に引き続き、ブログのことばかり書いているブログというのは、いかがなものかという気はするが、思いついたことは書いてしまう。

ブログではそれが良いことだと知っているからだ。

で、今何を書こうとしているかというと、このエントリのテーマは、

思いついた時に書け!

である。

思いついた時に書けということを、思いついたから書くのである。

さておき。

ブログには「下書き」という機能があって、思いついた時に書き始めて、途中で止めて保存してまた後で続きを書いて、ということが出来るようになっている。

私も以前は、いくつかの下書きを貯めておいて、ネタが無くなった時に投稿しようと思っていたことがあるのだが、それがどうも良くない。

下書きで寝かせておいた記事は、読み返す度に何か、つまらなくなって来るのだ。

これが不思議なことに、一度表に出してしまった記事は、読み返してもつまらなくなって来ないのだ。

この違いは何だろう?

ブログの記事は、外に出すことで命が与えられる

ような感じがする。

これはブログの記事に限ったことではないのかも知れないが、思いついた時に一気に書く。新鮮なうちにサッと出す。

それが良い、というか、文章に命を吹き込むのはそれしか方法がないような気がする。

それに気付いてから、ブログの下書き機能は、私はネタのメモ帳としてしか使っていない。

そして文章そのものも、あまりじっくり考えこまずに、出来るだけ一気呵成に書いてしまい、あまり手直しはしない。

生き物なんだな、文章って。