読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいことだけやると決めた。

f:id:gcg00172:20130915122805j:plain

そう決めたのである。

やりたいことだけやっていればいいのだ。

そう思うと、つかえがとれたようにスッキリする。

おいおい。お前大丈夫か? やりたいことだけやってていいのか?

他にやらなくちゃいけないこともあるだろ?

という声が、当然のことながら聞こえてくる。内から、外から。

もちろん、やりたくないことや、やらざるを得ないことはある。

それもやる。

ただし、「仕方なく」やるのだ。

つまり、自分が本来やるべきことは、「やりたいこと」であり、

それ以外のことは「仕方なく」やってやることに過ぎない。

という定義をしたのだ。

結局、やりたくないこともやるなら、同じじゃないか。という人もいるかも知れないが、そこが違うのだ。

軸足をどこに置くかということ。

自分の本来あるべき姿は、「やりたいことをやる」ことだと認識するということだ。

それがないと、つい、

「やらなくてはいけないこと」をやることが、自分の「やるべきこと」だと思い込んでしまうからだ。

自分の魂が求めていること、それをやる。

それをやることに、自分で正式に許可を出す。ということなのです。