読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり瓶ビールが好きなのだ。

f:id:gcg00172:20130823214758j:plain

居酒屋で一人飲みをするときは、決まって瓶ビールを所望する。

一人で注ぎながら、ゆっくり飲むのが好きなのだ。

瓶の重さを楽しみながら、コップに注ぐ時も、泡の具合がちょうど良くなるように気をつけて注ぐ。

最初はゆっくり注いで、8割がた注いだらちょっと早く注ぐ。そうするとちょうどいい具合に泡が入る。

f:id:gcg00172:20130823200052j:plain

そのちょっとした手間が、大事な時間を演出する。自分にとって、愛おしい時間なのだ。

ジョッキで飲むのも、不味いとは言わないが、瓶ビールに比べたら、どうも燃料を流し込んでいるような感が頂けない。

今日は、たまたま秋味の初物にありついた。

美味しいビール。人生の幸せ。私にとっては、やはりかなりの確率でイコールなのだ。