読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の一生を1日に例えると

f:id:gcg00172:20130810080911j:plain

人の一生を1日に例えるとすると、年齢を3で割ればいい。

という話を聞いた。

私は今、58歳です。ということは3で割ると、19時ちょっと過ぎ。

ほほう、ということは仕事終わって一杯やり始める時間かと思った。これはいい。なんてw

しかし、これは午前0時を起点としているので、実際には合わない。

というご指摘を頂いた。

確かに、この計算では、例えば15歳の人は、午前5時。まだ目覚めてもいないことになるし、80歳の人はもう明日になっちゃってる。これは確かに不都合な感じがする。

そうか、では起きている時間だけを対象にして考えればいいのか。

例えば6時に起きて、24時に寝るとする。

その間18時間を一生に例えるとする。

80歳まで生きるとする。

80歳/18時間=4.4

・・・・

ということで編み出した、「人の一生を1日に例える公式」はこれだ!

今の人生の時間 = 年齢/4.4+6

私は今58歳。この公式によると、19時ちょっと過ぎ。

冒頭に計算した単純に年齢を3で割ったのと、奇しくも同じ結果になったけれど、

15歳の人だったら、午前9時半ちょっと過ぎ。

いい感じではなかろうか。

ともあれ、私は、19時ちょっと過ぎであることが分かった。

仕事はもう終わって良い時間。

これからは、家に帰って家族団らん、まだ寝るには早いから、飲むのも良し、趣味をするのも良し、映画を見るのも良し。

そういう時間を満喫するとしよう。

え? 残業? ^^;