読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログとFacebookの棲み分けについて

f:id:gcg00172:20130810105709j:plain

以前にブログを毎日書いていた時には、まだFacebookをやっていなかった。

だから何か「まとまったものを表に出したい」という欲求の捌け口としては、ブログがピッタリはまったし、それ以外の手段が無かった。ツイッターはやってたけど140文字だけだし。

でも今はFacebookをやっている。 Facebookの小癪なところは、とにかく何でも出来ることだ。長文書きたければ書けるし、写真載せるのもリンク張るのも簡単だし、綺麗に出来ちゃう。

だったら何のために、今更、またブログやるのか? という自問自答をした。

数日、考えていたのですが、その結論は、Facebookはあまり長文を書くべき場所ではないということ。

Facebookは、見てくれるのは基本的に仲間うちであり、リアルでの知り合いであり、どんな話題を好むかが分かっている、いわば一つの社交の場であるので、その集まりの中で、読んだ人が共感してくれそうなことを書くのが、いわば一つのマナーではないかな?ということだ。

でもたまには、思っていることを存分に、好き勝手に、読み手のことも考えずに、書き殴ってみたいということもある訳で、そういう場合、それはFacebookのウォールでやるべきことではなかろうと。

と、いうことで、これからは、日常のちょっとしたことや、ニュースサイトで面白かった記事のシェアなんかは、Facebookで相変わらずやりながら、ヘビーに長文を書き殴りたい場合にブログに書く。というスタンスで行こうかと思う。

と、ここまで書いたら、と思う。とか書いたけど、もともとブログってのはそういうもんだったんじゃないか、それに気付いただけじゃないかと思った。^^;