読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな夢を見た。駅と電車と変な店。

久しぶりにはっきりした夢を見て目覚めたので記録。 どこかの田舎の駅で、帰ろうとして電車に乗ろうとしている。誰か連れが一人いるのだが、この人は漠然として誰だか分からない。ただ、二人で旅をしているようだ。そして、どの電車に乗ればいいのか分からな…

天は二物どころか何でも与える。それを選びさえすれば。

ロシア初の女子プロゴルファー『マリア・ベルチェノワ』はハリッド女優級のスタイルと美貌☆ |という記事があった。確かに美貌のプロゴルファーの写真が並んでいるのであるが、ここで引用したいのは、その写真ではなく、記事の最後にあったこの文章である。 …

愛すべき保守的人生たち

昨日、大学時代の仲の良かったクラスメート2人と、なんと30年ぶりに会って、飲んだ。皆、さすがに老けたとは言えるけれど、思ったほど変わっていない。ちょっと話し出せば、それぞれのキャラや雰囲気は昔のままだ。だからきっと、私も彼らから見たら、ほ…

私に過去を振り返らせるシンクロニシティ

去年の暮れから今までに、まるで、「ここで立ち止まって今までの人生を振り返れ」と言わんばかりのいくつかの出来事が立て続けに起こっている。 まずは、年末の大掃除。数年ぶりに書斎の押入れの中を整理した際、高校から大学時代に撮った写真のアルバムを久…

楽器を練習するのはダメな自分に向き合う訓練

私は、ピアノやギターを弾くのが趣味の一つである。でもなかなか、毎日ピアノに向かうモチベーションは保てない。もっといえば、夜、お酒を飲んでちょっと良い気分になった時くらいしか、弾こうという気にならない。これは何故か?その理由はわかっている。…

《なんでも仙人》の癒しの人生相談

あなたのよろず悩み事 魂レベルでスッキリ解決 さあ《なんでも仙人》にど~んと聞いてみよう作者: みやがわみちこ出版社/メーカー: ヒカルランド発売日: 2014/11/04メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る正月休みの最後の日、本屋で見…

川は必ず大海に繋がっている

一度頂上の目標を達成してしまったら、必然的に下りて来なければいけません。そこで、モチベーションが一気にダウンします。ライブ本番まで必死に楽器練習したのに、終ったあとは、2,3カ月平気で部屋の隅に放置したことある人が、いないとは言わせません…

「登るべき山はこれだったのか」とふと思った。

今までの自分の人生を山登りに例えてみれば、私はもうかなりのところまで登ってきたことになる。ここに来るまで、いくつもの分かれ道で行き先を選びながら、たどり着いたのが、今のここだ。どの選択も、そのときの最善だったのだから、今まで来た道は決して…

「人生 下り坂、最高!」

火野正平さんが出演する『にっぽん縦断 こころ旅』のテーマタイトル。 この気分は上り坂にいる若い人にはわからないでしょうね。下り坂は疲れることもないし、息もあがらない。こんなに楽しいことはありませんよ。 大江 英樹 - タイムラインの写真 | Faceboo…

私を押し流し、そして応援してくれているもの

朝、駅のホームで待っているとき、ふと、こんな情景が頭の中に浮かんできた。自分で水に浮かべて漕ぎだした筏だったのだが、徐々に流れが速くなって、どんどん急流になり、目の前に巨大な滝が迫ってきた!今年初めに私が漕ぎだした筏は小さく、流れも小さな…

流れに身を任せる人生だっていい

39歳。人生の折り返し地点を迎えた「中年」の苦悩について | 安達裕哉を読んで。そうだよねえ、うんうん。と素直に共感した。「中年の危機」という言葉がある。人は誰でも、中年期にさしかかる頃に、「このままでいいんだろうか」とか、「もっと別の生き方が…

「好き」は神様がくれたヒント

「好きだから上手くやれる」のではなく「上手くやれるから好きになる」 - ICHIROYAのブログを読んで。 そもそも「スケートが好き」と言う選手は、「スケートが好き」という「パッション」をカラダの中に宿してこの世に生まれてきたのだろうか。 そんなはずは…

過去と未来が交錯した1日

昨日は、午前中CDA講座同期生の中で1次試験に受かったメンバーが集まって2次試験対策の勉強会をした。共通の目的を持った人達だから、話題には事欠かないし、お互いが刺激しあったり、それが自然に励みにもなる、理想的な関係だ。2次試験に向けての具…

能力アンロック仮説

というものを思いついた。人はもともと、何でも出来る能力を持っている。 でもそのことを忘れて生まれてくる。何かを勉強したり努力したりすると、人それぞれいろいろな能力が開花して、技術や芸術やスポーツが出来るようになっていく。それは、ゼロから出来…

過去も他人も変えられる

よく、過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる。と言われるけれど、私は、過去も他人も変えられる。と最近思っている。 まず、過去。これが変えられるというと、「起きてしまった事実は変えようがないじゃないか」という反論が当然想定できる。で…

「引き寄せの法則」は、既に終わった試験結果を変えることができるかという考察

先日の日曜日、CDAの1次試験が終わった。正直、結果は微妙。勝率は五分五分といったところである。もちろん、試験結果を有利に運ぶため、試験前には宇宙にオーダーを出していた。「私が得意な問題が出ますように」でも、それはあまり叶えられた気がしな…

人生を悔いる必要はない理由

年をとってから気付いた。人生で失敗した22のこと | CuRAZYを読んで感じたこと。事実としては確かに失敗だったのかも知れないけれど、 それも皆、そのときの自分が最善だと思って選択してきたことなのだ。 その選択の積み重ねの結果が、今の自分。「バタフラ…

批判者と創作者

批判者になるのは簡単です。誰からも攻撃を受けず、何のリスクもありません。一方、創作者になるには「勇気」が必要です。 世の中には「何でも嫌う人」がいる:研究結果 : ライフハッカー[日本版] を読んで。その通りだ。組織の中に批判者がいると良くない…

「定年楽園」 ワクワクして定年を迎えるために。

定年楽園作者: 大江英樹出版社/メーカー: きんざい発売日: 2014/06/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見るを読んだ。これは、「老後の生活のためには1億円必要」とか言っておどかす本ではない。そのタイトルの通り、定年後の人生がワクワクして迎え…

積み重ねた選択の果てに

定年退職した「最高にできる鬼上司」が後悔した、たったひとつのこととは? - リクナビNEXTジャーナルの中に、素敵な文章があった。 定年後に振り返る会社人生というものは、枝からもがれてテーブルに置かれたリンゴのようなもので、いつの間にか熟してその…

「思考が実現する」ことが証明された実験

末期がん患者を無作為に選んで AとBの2つのグループに分けます。 彼らから遠く離れたところに住む10人の健康な人に、Aグループの患者さん10名の名前を伝えて回復を祈ってもらいます。 Bグループの患者さんにはまったく何もしません。 その結果は、驚くべ…

「ミスター・ノーバディ」もしもあの時、あの選択をしていたら・・・

今朝、人生における全ての選択は正しい。 - weekend_todo v2.0 という記事を書いたら、以前見たこの映画がまた見たくなってiTunesで見た。この映画、私がいつも参考にしている超映画批評というサイトで、100点満点中の97点がつけられていた作品だ。ここはい…

この地球で「心地よい」と感じる奇跡

昨日、大さん橋に行ったら、名物のオープンカフェがオープンしてたので、例によってバス・ペールエールを1本買って、デッキチェアに座る。毎年、この季節になるとここに来て、ここに座ってさん橋からの風景を眺めながら、バス・ペールエールを飲むのが、楽し…

心から信じていることが現実になる。

小さい頃は、宇宙飛行士になりたい! 野球選手になりたい! と皆思っていた。でも大人になったら、みんなサラリーマン。それは、大人になったら「宇宙飛行士になれるわけがない」、「野球選手になれるわけがない」と、思ったから。あなたがサラリーマンにな…

今私は、空高く舞うタオルになろうとしている

先日、お友達のFさんに「ライフペイジズ」というカードを使ったセッションをやって頂いた。これは、色鮮やかなきれいな絵が描かれたカードがたくさんあって、その中から、今の自分が良いなと思ったカードや、嫌だなと思ったカードを選ぶことで、自分の内面…

腰痛の原因は「怒り」なのだそうだ。

最近、会社にいる時に限って、腰が痛い。ということに気付いた。同じパソコンに向かっていても、家にいるときは痛くないので、会社の椅子が悪いとかそういうことかなと最初は思っていたのだけれど、いや、まてよ、これはもしかして・・・。と思うところがあ…

「死ぬのを恐れて 生きることができない」

「おもひでぽろぽろ」は、高畑勲監督作品の中では私が珍しく好きな作品である。この映画は、「痛い」のだ。いろいろと。この映画の随所に散りばめられた、「痛さ」が、自分が実際に今までの人生の中で経験してきた「痛さ」と通じるものがあるのだ。その「痛…

人生の長調と短調

音楽の話だが、メジャーとマイナーというものがある。長調と短調とも言う。メジャーは明るい感じ。マイナーは暗い感じ。これは良い、悪いではない。どちらもある。ただ、それだけだ。そして、音楽を演奏するときは、メジャーでも楽しいし、マイナーでも楽し…

どれだけ行動するかが人生を決める。

行動すれば人生が変わる。それは昔から真理なのだろうけれど、その反応速度というか、反応の敏感さみたいなのが、最近、上がってきていないだろうか。ちょっと前は、「そうは言うけど人生そう簡単に思ったようにはならない」 と訳知り顔でいう人の方が正しい…

「神との対話」から聞こえてきたこと

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)作者: ニール・ドナルドウォルシュ,Neale Donald Walsch,吉田利子出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2002/04メディア: 文庫購入: 18人 クリック: 80回この商品を含むブログ…

私の人生は収穫の秋の季節

とても面白くて参考になるので愛読させて頂いている水野浩志氏のメルマガで、春夏秋冬理論というものが紹介されていた。 「自然に春夏秋冬という季節があるように 人生にも春夏秋冬という季節がある」 人生は季節のサイクルでめぐるという『 春夏秋冬理論 』…

人生に無駄なことは何も無かった。

今までにやってきた仕事。今までにやってきた趣味や遊び。今までに出会った、良い人や、尊敬出来る人。今までに出会った、嫌な人や、尊敬できない人。今までに行ったところ。今までに遭遇した出来事。大変だったことも、うれしかったことも。小さなせせらぎ…

何もいらなくなってきた

土曜日に、横浜の海辺にある象の鼻パークまで散歩していたとき、ふとこんなことを思った。昔は、休日に自転車に乗って良くこのへんまで来たこともあった。一時は自転車にも凝っていた。ちょっと前はカメラを持って、写真を撮るためにこのへんに足を運んでい…

我慢と辛抱は違う。

今日フェイスブックでシェアさせてもらった言葉。 嫌なことをただ堪え忍ぶのが我慢 好きなことのために堪え忍ぶのが辛抱 我慢の中には不満があります 辛抱の中には希望があります 我慢はいずれ爆発します 辛抱はいずれ実ります 我慢はしなくていい 辛抱だっ…

引き寄せの法則ってつまりこういうことでは?

自分に自信のない人は、自分が上であると安心するために、無意識に他人の中で自分より劣っているところだけを選んで見ようとする。 だから、自分の周りにはダメなやつばかりいるように映る。 向上心のある人は、学んで成長したいと思っているから、無意識に…

生きてるだけで「運が良い」

パナソニックを一代で築いた経営者の松下幸之助は、面接の最後に「あなたは運がいいですか?」って質問してたんだって。 それで「運が悪いです」っていう子は、どんなに学歴がよくても落としてしまう。逆に、「運がいい」って言える子は「人に恵まれてる」っ…

8ビットCPUの話から、今若い人に贈る昔話。

仙石浩明の日記: Z80 コンピュータを作ってみた (27年前のお話)この記事を読んで、懐かしくなった私が昔の仕事の話をフェイスブックに振ったら、結構オヤジたちが集まって盛り上がった。せっかくだからもう少し、興に乗って昔話をしてみようか。 中学生の頃…

モノで幸せになる時代は終わったのだろう。

今年も来年のカレンダーが売り出される季節になった。私も毎年、ちょっと良さそうなカレンダーを買ってきては居間に飾ってみるのだが、実際そのカレンダーを見るかと言ったら、ほとんど見ない。下手をしたら2ヶ月くらいめくるのを忘れてたりする。ひどいこと…

「ちょっとだけやってみる」ことが人生を変えていく。

「明日から本気出す」という言葉が流行ったことがあるけれど、それは多分、誰もがその心構えでは絶対明日になっても本気出せないよな。ということが分かっているからだと思う。やりたいことはある。でもなかなか動き出すことが出来ない。いや、それほど大げ…

この世は神様が作ったゲーム。人間は、そこで遊ぶために生まれてくる。

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み作者: 雲黒斎出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2013/08/02メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るを読んだ。この本の中で、とても秀逸で誰が読んでも腑に落ちやすいと思ったのは、この世は神様が作…

毎日が日曜日。最高の人生じゃないか。

前エントリの続きの、定年退職後ネタである。セミナーの最後に与えられたお題は、「これからの人生の予定をイラストとして模造紙に表現してみましょう」というなかなか難易度の高い課題。それを描いたら、ひとりずつグループ内で発表をする。皆、リタイヤ後…

これからの人生、やりたくないことをやっている暇はない。

2日間にわたって、セミナーに行ってきた。どういうセミナーかというと、60歳で定年退職を控えた人たちを対象に、年金や健康などについての基礎知識を学んで、60歳以後のマネープランやライフプランを自分で具体的に考えてみましょうという内容である。これか…

うっかりと一生を過ごさないために。

この3連休、なんかとても長く感じた。 きっと色々なことをやって充実していたからだろうと思う。時間が経つのが早く感じたり、遅く感じたりする理由については、色々研究されているようだけど、私の経験上では、一定期間に色々なことをやった場合には時間が…

願いを叶えるただ一つの方法。

それは、「今」に、感謝することだ。「お金持ちになりたい」 「健康になりたい」 「幸せになりたい」と願うことは、逆に言えば、「今はお金持ちではない」 「今は健康ではない」 「今は幸せではない」と言っていることと同じ。そういう願いかたをすると、思…

自責と他責について

「他責」は良くない。 「自責」が良い。という単純思考は危険ではないか。 「自責」とは、何でもかんでも「悪いのは自分だ」と思い込もうとすることじゃない。「自責」とは、自分が幸せになれない理由を他人に求めないということだ。と私は思う。「他責」の…

自分の「差分」を残したいという、ささやかな欲求

インプットでいくら感動してもその人は輝かない。 | カジケンブログにて引用されていたこのツイートにノックアウトされた。 自分は誰か?それは、自分が生まれた世界と、生まれなかった世界の差によって定義される。柱につけた身長を刻む傷、他人の心に残る…

容姿と能力は比例するが、容姿と性格は比例しない。

性格で選ぶなんて嘘!「男が女性を容姿で選ぶ」その理由とは | Menjoy! メンジョイ何故か私のGunosyは女性向けの記事をオススメしてくれることが多いのであるが、それはさておき、「男が女性を容姿で選ぶ」問題については、古来からその根拠や是非が多く語ら…

「グッド・ウィル・ハンティング」

古い友人から、私がこの映画を今まで見ていなかったのは意外だと言われた。そう思われるのも納得した。久しぶりに本当に良い映画、後々まで余韻の残る深みのある映画、そういう映画を見た気がする。主人公のウィルは、数学の天才なのだが、非行が絶えない。…

時代は3GからLTEへ。しかし携帯電話の話ではない。

一昨日紹介したこの本に書かれていたことについての続編である。宙(そら)が教える「受け取る」の仕組み作者: Mana出版社/メーカー: 晋遊舎発売日: 2013/06/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見るこれまでの時代は、「3G」…

人生は壮大な娯楽。この世はゲーム。

宙(そら)が教える「受け取る」の仕組み作者: Mana出版社/メーカー: 晋遊舎発売日: 2013/06/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見るを読んだ。前半のMana氏が説く、『受け取る』の仕組みは、正直、難しかった。巻末付録と…